<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ナ・レオの国内盤アルバム「ビューティフル・デイ」が結成35周年記念2枚組スペシャル・エディションで9月25日発売! | main | ジャマイカ出身、コンカラー(Conkarah)がIZの「Somewhere Over The Rainbow」をカバー!シングルリリース! >>

リチャード・ナットが超名盤NOT JUST ANOTHER PRETTY FACEの続編2作品を同時リリース!

RICHARD NATTOの1980年の1STソロアルバム、コンテンポラリー・ハワイアンの超名盤にして、ハワイアンミュージック、AORファンだけでなく、SSW、ネオアコ、ブラジル音楽ファンからも愛され続ける珠玉のアコースティック・ミュージック『NOT JUST ANOTHER PRETTY FACE』。その続編と言える待望のガットギターによる弾き語り作品『UNPAINTED FACE 1/2』と『UNPAINTED FACE 2/2』が9月30日2枚同時リリース!

 


 

アンペインテッド・フェイス 1/2

UNPAINTED FACE 1/2

リチャード・ナット

<収録予定曲>
REMINISCING
RHYTHM OF THE RAIN
BECAUSE
SEND A LITTLE LOVE MY WAY(LIKE ALWAYS)
LEADER OF THE BAND
I’M INTO SOMEHING GOOD
IF I SAID
ZOOMIN’ AWAY
REALLY TOO MUCH
LIA
SILENT TOWN
A HOUSE OF GOLD

 

『UNPAINTED FACE 1/2』は『NOT JUST...』の続編と言える珠玉の作品集。アルバム冒頭から、リトル・リヴァー・バンドのブルー・アイド・ソウル・クラシック「REMINISCING」をリチャード色に染め上げ、カスケーズ「RHYTHM OF THE RAIN」やデイヴ・クラーク・ファイヴ「BECAUSE」にはマジカルなアレンジで新たな命を吹き込み、『NOT JUST...』『LINE OF FIRE』に続き、スティーヴン・ビショップの作品からは「SEND A LITTLE LOVE MY WAY」を極上カバー。ハワイのアーティストに多大な影響を与えたダン・フォーゲルバーグの作品から「LEADER OF THE BAND」を情感たっぷりに歌い上げ、ハーマンズ・ハーミッツの「I’M INTO SOMETHING GOOD」はご機嫌なアコースティック・スウィングで。TOMA/NATTO名義の未だ再発されていない『ZOOMIN’ AWAY』『HOT NIGHTS』からはリチャード単独作曲の5曲をリレコーディング。『ZOOMIN’…』から超名曲LIAを含む4曲、『HOT...』からは隠れ名曲「SILENT TOWN」を収録。ラストは、ケニー・ランキンもカバーしたハンク・ウィリアムズの「A HOUSE OF GOLD」を慈しみ語りかけるように歌う。アルバムというフォーマットに拘った通算7作目のソロアルバム。『NOT JUST...』に続く新たな名盤の誕生!(2019年、秋に初来日公演も決定!)Tropic Hawaii Records 第3弾リリース。(Tropic Hawaii Records / Takeshi Nagakubo)

 

CD (2019/9/30)

ディスク枚数: 1

レーベル: ヴィヴィド・サウンド

 

CD取扱オンラインストア

Amazon.co.jp | タワーレコード | 楽天HMV

 

 


 

アンペインテッド・フェイス 2/2

UNPAINTED FACE 2/2

 

『UNPAINTED FACE』は、ハワイのマエストロ、リチャード・ナットの軽やかで自由な歌声、スキャット、口笛とガットギターだけの素顔のままのサウンド。ハワイ版「声とギター」とも言える極上のサニー・ミュージック! 『UNPAINTED FACE 2/2』は、リチャードの音楽的ルーツであるエルヴィス・プレスリー、バート・バカラック等のスタンダードナンバー、影響を受けたビーチ・ボーイズ、ホール&オーツ、ジノ・ヴァネリ等の作品をいつもより少しリラックスし、歌い演奏する、くつろいだ表情のリチャードが楽しめる作品。IZ(イズ)ことイズラエル・カマカヴィヴォオレの「SOMEWHERE OVER THE RAINBOW...」のようなハワイアン・スタンダードとなって欲しい「CAN’T HELP FALLIN’ IN LOVE」ではじまり、ビーチ・ボーイズ、タートルズ、バカラック、ジェイムス・テイラー、ホール&オーツ、プレスリー、ジノ・ヴァネリ、ビージーズの名曲の数々をセンス溢れるアレンジとそれを表現するマエストロなギタープレイ、唯一無二のあの歌声により新たな曲として生まれ変わらせる。寄せては返すハワイの穏やかな波の調べのようなオリジナル「THAT’S ALL I EVER WANTED TO DO」〜ジミー・ウェッブ作の「BY THE TIME I GET TO PHOENIX」の絶品カバーで幕を閉じる!通算8作目のソロアルバム。(2019年、秋に初来日公演も決定!)Tropic Hawaii Records 第4弾リリース。 (Tropic Hawaii Records / Takeshi Nagakubo) <収録予定曲> CAN’T HELP FALLIN’ IN LOVE WOULDN’T IT BE NICE HAPPY TOGETHER THE LOOK OF LOVE DON’T LET ME BE LONELY TONIGHT WAIT FOR ME THAT’S ALL RIGHT RETURN TO SENDER I JUST WANNA STOP HOW CAN YOU MEND A BROKEN HEART THAT’S ALL I EVER WANTED TO DO BY THE TIME I GET TO PHOENIX

 

CD (2019/9/30)

ディスク枚数: 1

レーベル: ヴィヴィド・サウンド

 

CD取扱オンラインストア

Amazon.co.jp | タワーレコード | 楽天HMV

 

ジャパンツアーも!

 



RealHawaii(リアルハワイ) * ハワイアンAOR(Hawaiian AOR)最新 * 13:25 * - * -
Info





<ハワイに関する最新記事一覧/>





<Wat's New Hawaii Books(ハワイ本新書)/> 






<SNS RealHawaii Facebook/>



<Wat's New Hawaiian Music(ハワイアン新譜案内)/>



Mahalo Nui, a hui ho.
このページの先頭へ
転載、引用厳禁 copyright©2002 - 2020 RealHawaii.jp all rights reserved